July 17.2014
IMG_6132.jpg
こんにちは。大変ご無沙汰しておりました。

先日、Facebookにてお知らせさせていただきましたがマークスさんより
新商品『MEN'S金封』がこの7月より発売されました。
今回、開発にあたって目からうろこの数々。。その開発秘話!?を
少しばかり書かせていただきます。

マークスの担当者さまSさん。お世話になり早数年。
いつも「面白いことをしよう!」と攻めの姿勢が素敵な女性です。
デザインを始めるにあたって、まずブレストを重ねお互いのイメージを
共有していくのですが、Sさんとだけは毎回商品を擬人化して芸能人に例えます。
「〇〇っぽい感じに仕上げよう」とその方の持つイメージが大きな柱となり
最終まで詰めていきます。

そして、今回。
かわいい金封はたくさんあるけど、男性が持ってかっこいい金封ってないよね」
という視点からスタートしたこのMEN'S金封企画。
まずは、メンズのことを知らねば、とSさんが社内の様々な年代・部署の殿方に
ヒアリングを行ってくれました。(その後、この動きが"男子詣"と命名されます)
それまで、自分たちでも「この中だときっとこれがイチバン人気だろう・・」
なんて予測を立てていたのです。だよねだよねーー!!なんて。。。

しかし・・・
「長浦さん、すごいよ!!」とSさんのニヤり顔。
蓋を開けてびっくり!!ぞえんぞえん違うやーーん!!という結果でした。
理解しようと結果を仕分けて頭を整理しようとも、なかなかうまくセオリーに
できない。。

「ああ、私たちメンズの心が全然分かってないね。」

何とか整理して、さあ、今回誰を目指そう!?(以下、勝手な想像です)
オールマイティに役を演じる、癖がありそうで実はクセがないのでは?『堺雅人』
男の色気漂う、ちょっとおしゃれ路線でアバンギャルドな『(昔の)ジュリー』
アバンギャルドすぎないのがポイント。

そこから試作を重ねます。
MASATOとJULIEの中でもいくつかの路線で作ります。
そしてSさんの男子詣。
結果、自分たちの予測と違う。。。前回のココは良いけど、今回のココは
ダメなの!?ちょっと繊細すぎるよー(もはや恋愛の域です)

例えば、JULIEの衣装やメイクのイメージを、男子詣の結果分析をした頭で
ちょっと一捻りな色の組み合わせや配分にしてみたところ、それはやり過ぎだ。
との結果。だけど、女子はこちらが好きだと言う。まったく男女逆のときも。

「やっぱり分かってないね、メンズの心。。。」
「男と女って本当に違う生き物なんだね。。」

生物の不思議論にもなったのですが、なるほどココで分かったことがありました。

「MASATOもJULIEも、女子目線で素敵だという男性だからだ!
だからきっと、福山雅治を目指しても同じ結果なんだよ!」

世間で素敵だと言われている男性芸能人と女性芸能人。
女性の方は、意外とそのまま素直に商品イメージにしてもブレなかった。
だけど男性は、世間で素敵だと人気のある人と、男性が好きだと思う人は違う。
この事実はかなり目からうろこで、はがれた落ちた目での試作はようやく
男子詣の結果と予測が合致してきたのでした。

最終デザインが決定し、今回の結論。
「男性が使いたいと思うMEN'S金封を私たち女性が作る時は
長渕剛や大友康平みたいな男性がアニキ―っと憧れるようなメンズを
目指すのが正解だったのかもね」

商品名『AWAJI』 またの名を「MASATO」
商品名『MATSU』 またの名を「JULIE」
これからの売り場での動向が本当の結論となります。

もしお店でこの二人を見かけたら、
堺雅人と(昔の)ジュリーを思い出していただければ幸いです。
そしてお使いいただけたら尚幸いでございます。





May 03.2014
IMG_6232.jpg

GW後半戦。先月末から外の空気がゆるやかに感じられ
行きかう人のお顔もいつもよりも穏やかに見えた新緑の季節です。

先日、2年ぶりに友人と再会したり、久々にお手紙を出した相手の
近況を聴いてびっくり。お互い離れていて連絡もままならなかった
その期間、何と同じようなサイクルで悩み事があったり復活したり。
そんな目に見えない不思議なコト、力ってことあるごとに感じます。

イメージングの力がまさにそう!!!
私は以前から、爆裂妄想イメージングをよく行っていて、スケジュール帳の
最後に来年・再来年の未来スケジュールを書いていました。
すべてはこうなってたらいいな!とただひたすらに鮮明な映像が見える
くらい勝手な妄想のみで一人ワクワクしながら、予定を書いていた。
そしたら、結構な確率で実現したのでした。

この画像も1年ほど前に私のイメージを書きなぐったものなのですが、
当時は正直どうしたらそうなる??と、その手段も行き方も具体策が
まったく分からない状態。
ただ、そうなったらいいな、いやそうなってるはず!という、幸せな妄想のみ。
だけど・・・・実現したんです!!(これは本当に驚き!!)
いつかお会いしたい!と思ってた方が何と目の前に現れ、
お話しすることができました。
こういうところに取り上げていただいたら嬉しいな!
そんなことも実現しました。

ただ、ひとつ感じたことは「~だったら嬉しいな!」では弱いということ。
「~になってるに違いない!」くらいのイメージをした方が密度の濃い実現に
繋がっているようです。

そんな幸せな妄想と現実の積み重ね。
どちらも大事です。

気持ち良い日差しの中、次の目標に向かってシアワセ妄想イメージングです!




March 31.2014
IMG_7683.jpg

正気の沙汰じゃないと思われたことでしょう。
あのリンゴマークをここまでどストレートに作ってしまうなんて。

もちろん、至極勝手な"勝手にシリーズ"をさせていただいていますが
おそらく自らチョイスしてこのリンゴマークを作ることはなかったと思います。

そう、Appleで働く方から同僚が海外に旅立つ記念に、というご依頼で
アルバムを作らせていただきました。

作っていて楽しかったのはもちろんなのですが、今回はいつも以上に
気持ちが入ったのは否めません。
依頼を受けたご縁で、Appleメンバーによるパーティーに参加させていただきました。
私がこれまでにAppleのCMや商品広告などから受けていたAppleへのイメージって
ドリーミーでサプライズがスキ、感受性が豊かで人間味に溢れている、
笑顔、フレンドリー、自然体etc・・・陽の極みのようなイメージでしたが
まさに、パーティーで出会った方々はイメージそのままで、お一人お一人ぜんっぜん
違うキャラクターなのに、その人らしさを皆が受け入れていて、だから個性も際立っていて、
皆初めて会ったばかりなのにフレンドリーで笑いが絶えずとてもとても楽しく
武骨な表現で申し訳ないのですが、「あーーー、人間って素敵だな~仲間って
ステキだな~」っと心が温かく満たされた時間でした。

イメージのまま、いやイメージ以上だったことに感動。
機種を新しくしようと前向きになりました!

Nさん、そのsmileと決め台詞でイタリアの地でも席巻されることでしょうね!

行ってらっしゃい!!







March 07.2014
IMG_9335.jpg

『手軽につくれる水引アレンジBOOK』おかげさまで3刷となりました。
たくさんの皆さまにお手にとっていただき心より感謝申し上げます。
特別な時だけではなく、ふだんの「ありがとう」「おめでとう」にもちょっと
ひと工夫を加えて、より丁寧なものになったら・・・。
これからもそんなお手伝いができたらと思います。

今回は、書籍のウラ話をご紹介します!
写真のぽち袋は「アートぽち袋」と命名したものです。
美術館展示会のフライヤーや、雑誌の1ページなどなどを使いぽち袋に
したもの。自分的にかなりお気に入り☆
だけど・・・・
著作権などの大人の事情で誌面でご紹介することはできなかった子たちです。

小物を渡すとき、ちょっとしたお菓子を包むとき、珈琲代をお返しするときなど
ごくごく親しい相手にはこのようなアプローチもアリだと思います。

私が初めて使ったのは、早朝の幻想的な風景を走る列車のチラシ
「18切符」のものでした。
数年前の暑い夏、会社の帰りに仲の良い同僚とお茶をしました。
世間は夏休みだね、学生時代の夏休みはさ!・・・なんて盛り上がりながら。
翌日、一緒に支払ってもらっていたお茶代を18切符のチラシで作ったぽち袋に
包んで渡したら、「くふふふ・・・」と二人で思いだし笑いのようなテレ笑いのような。

そんな二人だけのストーリーがあるぽち袋も素敵です。

ちょっとあたりを見渡すと、あちこちにヒントがあります。
是非是非、自分だけのアートぽち袋、楽しんでみて下さい!




January 24.2014
★tsutaya3a.jpg

 

随分とブログ御無沙汰してしまいました。
本当は昨年の内に記事にしたかったのですが・・・年明けてのアップです。

『勝手にシリーズ』
そう、これは私がアートワークの一環で行っているもので

リスペクトするブランド・企業さまの広告や商品を水引で作ってみたら!??

という勝手至極なシリーズで、何故かコアなファンが意外といらっしゃる!!

と言う、単純に作っている私本人がとっても楽しい試みであります。

そんな勝手にシリーズが・・・・・

なんと!!2013年末に商品化してしまいました!!!!
(商品化になると、「オリジナルじゃん・・」というお話は差し控えさせていただき

敢えて「勝手にシリーズ」と呼ばせていただきます笑)
代官山 蔦屋書店さんよりお声掛けいただき初の商品化となりました。

イメージとしては、各フロアを水引で表現してみました。

1Fの洋書売り場、「BOOK」。美しく色鮮やかな雑誌の表紙がうず高く置かれている

あの様子は見ているだけで刺激をうけます!
2Fのラウンジ、「ティーポット」。空間もご利用されているお客様もかっこいい、

お手洗い向かう自分までもうっかりかっこよく見えるのでは!?と思ってしまう

スタイリッシュなラウンジ。(2Fにお手洗いがあるのです)
外観の「ツタの葉」。白いの壁面に青々としたツタの葉。

そして、熨斗には蔦屋書店さんのシンボル「T」。

いつ行っても何度足を運んでも、そこにいるだけでワクワク、何かを吸収したいと

思わせてくれる素敵な書店。
そんな空間の中に一緒に商品を置いていただいてとても嬉しい年末となりました。

お手に取っていただいた方、スタックの皆さま、ありがとうございます。

 

2014年もTIERはちょっぴり洒落っ気のある商品作りをしていきたいと思います!

 


 

<NEXT345678910111213