August 17.2013

8月11日、西日本新聞社と福岡市共催のプロジェクト

アイランドシティ こどもっと!だいがく】にて、小学生対象の

"みずひき"ワークショップを行いました!

30名もの元気ッズが参加してくれました!!

 

お題は「水引を結んで"ありがとう袋"を作ろう!」と言うもの。

ご祝儀袋ならぬ、ありがとう袋です。その根底の気持ちは同じ。

誰に「ありがとう」と伝えたい?

じゃあ、その人はどんな色が好き?どんなモノが好き?

どんなふうにしたら喜んでもらえるかな?

まずは、相手を想像して考えてもらうことからスタートです。

 

もちろん、私がお手本を作って同じものを真似て作ってもらう

こともできました。課題を考える段階で、少し難しいかもしれないな・・・

とは思ったのですが、上手に作ることではなくて

水引って相手を想うことがまず第一だと思っています。

 

私たち大人でも、「じゃあ、自由に!」と言われると案外難しいもの。

やはり、参加してくれたみんなも最初は戸惑って、手がなかなか

動きませんでした。中には最初からぐんぐん作り出す子もいて、ちょいと拝借。

「みんな~見てー!おじいちゃんに渡すんだってー!こんな使い方もいいねー!」っと

ヒントを少しずつ伝えると、みんなだんだんイメージが湧いてきたようで

ある時を境に一斉に動き出し、すごく楽しそうに作ってくれていました!(嬉しい!!)

 

おばあちゃんはカラオケが好きだから音符を作りたい!

お花を作りたい!ビールを作りたい!虹を作りたい!

「~したい!」こんな声が嬉しかったです。

 

私の出来ることはほんの小さなものだけど、この経験が何かのきっかけに

なってもらえたら素敵なことだなと思います。そして子供が持っている可能性に

私自身、たくさんの元気ときっかけをもらいました。

日本独自の「おもてなし」文化は、相手を想像して思いやる文化だと思います。

日常のふとした時にも、こうしたら喜んでくれるかな?と想像するその先には

平和にも繋がっていくのではないか・・と、実は壮大なことを考えてみたり(笑)

素敵な作品の数々です。ホントはもっとたくさん紹介したいのですが全部

ご紹介出来ないのが残念です。

みなさんの笑顔、とってもキラキラしてました!ありがとうございました!!

kodomotto_0811 (1).jpgのサムネイル画像

kodomotto_0811 (5).jpgのサムネイル画像

kodomotto_0811 (3).jpgのサムネイル画像

kodomotto_0811 (9).jpgのサムネイル画像

kodomotto_0811 (7).JPGのサムネイル画像

kodomotto_0811 (11).JPGのサムネイル画像

kodomotto_0811 (10).jpg

kodomotto_0811 (2).JPGのサムネイル画像

kodomotto_0811 (14).jpgのサムネイル画像

kodomotto_0811 (13).jpgのサムネイル画像

 

 

1