November 10.2013

新コーナー『THE TIERS(ザ・タイヤーズ)』!!

タイガースでもタイマーズでもありませんよ!タイヤーズです。
実はドメインを考えていた時、輪がどんどん広がって行って

"結ぶ人"から"結ぶ人たち"となっていったら嬉しいな♪

そんなちょっとした気持ちだったのですが願いは叶うもの!

「本を見て作りましたよ!」と皆さんが作品を見せて下さる機会が

増えてきました。本当にTIERSへと広がりつつありとても感慨深いです。

と同時に、皆さんの作品を前にいつも見入ってしまうのです。

自分では思いもつかない素敵な色合わせやバランスがとっても面白い!!

是非、色んな方に見てほしいっっっ!!!

 

そこで、皆さんの作品をご紹介するコーナーがこの『THE TIERS』。

これまでいただいたご質問などにもお応えしていければとも思っています。

 

さて、第一回目。

東京在住のNさんのご祝儀袋です。

TIERS_1.jpg

すっごい鮮やかなピンク&スカイブルー!

さらにビビッドなピンクのパンチが効いてます!

そして松はシックなグリーン。だけど光沢があるところがニクいです!!
かわいいのに、ピリリとかっこいい女性ですね!

ピンクって女性なイメージありますが、こちらのご祝儀袋は意外と男性向けカモ!
左側の端紙(水色の部分)をどのくらい見せるかで、本当に印象が変わります。
ピンクだけどユニセックス。面白い発見です!!

泣く泣くモザイクかけましたが、「寿」も含めた手書きの短冊が達筆で

かっこよかったです。
Nさん、ありがとうございました!

「私もこんなの作ったよ!」というお写真やエピソードなどをお待ちしております!!

 

November 06.2013

ご無沙汰しております。

前回の記事から1カ月以上が経ってしまいました。

その間、色んなご報告やお知らせがあったのですが・・・

ぽつりぽつり今頃書かせていただきます。

まずは・・・

『手軽につくれる水引アレンジBOOK』(エクスナレッジ刊)

重版が決まりました!ありがとうございます。本当に皆さまのおかげです。

IMG_0607.jpg

今回、書籍を出版させていただき人の力や温かさをものすごく実感しました。

友人、知人、そして町内やご近所さんまで!本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、この場を借りて一緒に本を作り上げて下さった方々のご紹介をさせていただきます。

 

■枦木功さん(フォトグラファー)
ステキな写真を撮ってくださいました。

ご自身のHPもたまらなくステキですので是非ご覧くださいませ!
http://isao-photo.com/site/top.html
 

■林あいさん(デザイナー・アートディレクター)
BOOKデザインを手掛けてくださいました。かわいく楽しい上に読みやすい!

わかりやすい!と書店担当の方もお声をくださいました!
http://www.hayashi-kougei.com/


■佐伯ゆう子さん(イラストレーター)
コラム欄のイラストをかわいくオシャレに描いてくださいました。

是非ステキな作品をご覧くださいませ!
http://yukosaeki.com/

  ■さん・おいけ(水引メーカー)
水引付録・販売に絶大なるご協力をいただきました。水引のご購入はコチラからどうぞ!

絶妙なアソートです。特にお世話になりました篠田さん、ありがとうございます!
http://www.sun-oike.co.jp/

  ■廣瀬奈津子さん(エクスナレッジ)
すべての総司令塔・敏腕編集者さまです。圧倒される熱意の持ち主の彼女がいなければ

この本は存在しませんでした。心より感謝申し上げます。
http://www.xknowledge.co.jp/_books

 

実は、高校時代から友人のフォトグラファー枦木さん。私よりもずっとずっと前から

フリーで活躍されている"先輩"。そんな彼の輝かしい活躍を居酒屋で聴きながら

「いつか一緒に仕事できたらいいね~~」

なんて、その頃は私は会社員。全く予定の無い「夢のまた夢」を話していました。

それが今回本当に実現できてすごく嬉しかった!!

彼もまたこの話を覚えていて「実現できて嬉しい!」と言ってくれた。

 

このエピソードは、奇跡のひとつ。

今回の書籍は、たくさんの奇跡の繋がりでできた本なのです!!

 

ひとりひとりにいっぱいの感謝を込めて。

 

ありがとう。

 

 

 

 

September 25.2013
IMG_1709.jpg

 IMG_5280.jpg

なんと!TIERの水引アレンジBOOKが発売されることになりました!!

本当に色んなご縁をいただいて、今回形になりました。



水引と言うと、「結婚式の時に使うご祝儀袋についているアレでしょ!?」

というイメージではないでしょうか?もちろん、正解!なのですが、

もっともっといつもの暮らしの中で使っていこう、そして自分たちで作ってみよう!

という手作り本です。

お土産や、ちょっとしたご挨拶に水引をさりげなくあしらうだけで

よりステキで丁寧なモノになります。
もともと水引は、相手を想って結ぶモノでした。その気持ちや習慣は

今でも普段の生活の中に自然と存在していて日本人らしい心だと思います。

ハレの日でもケの日でも使える・楽しめる水引アレンジです。
生活様式が多様化した現代の暮らしの中に寄り添ったものを・・・と

ご祝儀袋やぽち袋はもちろん、アクセサリーやフラワーアレンジなども

ご紹介しています。なんと、水引の付録付きです!まずは実際に

水引を触って感触を楽しんで頂けたら嬉しいです。
9/27より発売開始となります!是非ご覧くださいませ。
(書店によって発売日に多少の差があります)

多くの方のご協力と笑顔に支えられ出来上がった水引BOOKです。
きっとたくさんのハッピーが詰まっています!

★Amazonにて予約受付中★

===========================
『手軽につくれる水引アレンジBOOK -かわいいぽち袋・

お正月飾り・ご祝儀袋・ア クセサリー』

長浦ちえ 著

B5判オールカラー96ページ/付録水引付き

1,500円+税 

エクスナレッジ

===========================

July 17.2013

先日、結婚式の引き出物用 水引飾りをお手伝いさせていただきました。

新郎新婦の意向やイメージなど伺いながら、唯一無二のオーダーメイド。

今回は、新郎のお仕事には欠かせないアイコン「y」をピックアップして

「y熨斗」を作ることにしました!

主役の引き出物がステキなので、「y熨斗」をメインにしてあとはシンプルに

仕上げることに。

 130717_y1.jpg

箱いっぱいに入った「y熨斗」。

3本取りの水引バンドで、yの形に結びました。

 130717_y2.jpg

新郎のお仕事はwebデザイナー。毎回突っ込まれると言ってももはや過言ではない

彼のドメイン!きっと、出席されたお客様も「あはは!」って笑って下さるのでは!?

そんな想像?妄想?をしながら、一つずつ結びました。

130717_y3.jpg

 バシッと。

 130717_y4.jpg

 完成!!よ~~~く見ると、熨斗の位置が・・イロイロ。

いいんです!それがいいんです!セッティング作業は、新郎新婦も一緒に行いました。

なので、取り付ける人によって、多少のバラつきがありますが、この感覚といいますか

自分たちで、ああだこうだ言いながら当日の話や、今までの話をしながら

出席いただく方々へ感謝の気持ちを込めて仕上げていくという、この過程が

素敵だなと思います。

唯一無二の二人のストーリー。

オーダーメイドって何だかこちらまですごく幸せな気持ちになります。

今回、お手伝いさせていただきありがとうございました。

 130717_y5.jpg

主役はコチラ!夏のweddingにはぴったり!!

涼しげな貝モチーフの陶磁器です!

こちらの作家さん、Pebble Ceramic Design Studioも注目なのです☆

 

July 06.2013

130706_memo.jpg

またしても!やられちゃいました。
友人に とある作業のお手伝いをお願いしていたところ

仕上がった現物とともに、こんなかわいい紙たちがおまけで入っていた!

「余った紙がもったいなかったけん、メモ紙にしといたよ。」

田丸印房さんの茶目っけたっぷり「うっふん花魁」のハンコが押してあるというひと手間。

ニクイことしてくれるなぁ~~。

粋なひと手間。素敵です。

 

<NEXT678910111213141516
PROFILE
長浦ちえ

水引と紙、伝統と現代、ヒトとヒト。
そんなモノやコトを結びつける視点でモノ作りをしている
TIERの制作のことや日々のこと。