January 23.2018
変遅ればせながら、
新年のお慶び申し上げます。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

ブログの更新がすっかり滞っておりました。。

少しずつ思い出深いエピソードを綴っていこうと思いつつ
今年1回目は「水引を始めた理由」。

年の瀬にいくつかのテレビ番組、ラジオ、WEBサイトなど
取材をしていただき、その度に自分のこれまでのことや今のこと
これからのことをインタビューしていただきました。

私にとっては、取材を受けることはとても有難いことです。
宣伝ということもあるのですが、それよりも自分で言葉化する機会を
いただくということが、とてつもなく大きい。

独立してもうすぐ5年を迎えようとしている今、ようやく自分でも
そういういことだったのか、と気づきがあったりします。

それは、必ず質問される
「なぜ水引を始めたのですか?」

自分でも不思議なんですよね。水引と出会い、今、生業としていることが。
だって代々受け継がれてきた家系でもなければ、産地の人間でもない。
だからお仕事をいただけることが、
毎日こうして水引と向き合う時間を費やせることが
奇跡のようで仕方ない。

恐らく自由に作品ばかり作っていたら気づかなかっただろう自分の記憶が
お仕事を通してぼんやりと蘇えってきたのです。

私は幼い頃から、
「なんでこんなにいっぱい人がおるのに出会う人って決まっとるっちゃろ?」
と、口にすることはなかったけれどずっと不思議に思い続けてきました。
それは成長して「ご縁」と言う言葉に置き換えられることを知りました。

「今日もありがとねー」っとモノに話しかけ、モノを大事にするとモノが期待に
応じてくれるような気がしていた。
成長して「八百万の神」という言葉を知りました。

私はずっと目に見えないモノを漠然と大事に思っていて
妄想という世界で自分で楽しんでいたし信じていたのでした。

日本に暮らしていたら、けっこう当たり前の感覚だったので普通だと思って
いたけれど、パリで暮らした時にこれは普通じゃないんだ!と知りました。
と同時に、ようやく自分のアイデンティティのようなものを持ったのでした。

遠回りのように思えた色んな出来事は案外大切な一コマで、
それは「自覚」するための要素のように思えます。
今、水引というツールを使って、見えない想いをカタチにすることが
とても自然なことで、ずっと私の思っていたことはコレコレ!みたいな
違うベクトルが交差して記憶を思い出す作業をしている感覚なのです。

記憶と現実がようやくフィットしてきた、そんな感じ。


その意図は何なのか、誰が誰に何を伝えたいのか、

そうなるようにと信じて
"結ぶ"
それは小さな祈りに似たものにも思います。

豊かなご縁が結ばれるきっかけになりますように。

調和ある世の中でありますように。

お仕事を通して見えないモノをカタチにしていく。
だから私は水引と出会わせてもらい
水引を始めることになったのだと思います。


▼インタビュー記事

▼大丸松坂屋「未来定番研究所」が運営するWEBサイト
⇒ F.I.N
IMG_2560.jpg



June 21.2017

IMG_0503.jpg


先日、俳優の陣内孝則さん・タレントのスザンヌさんの番組、

『福おかぁさん』に、"縁結びの水引"として出演させていただきました。

何故、縁結びか、、と言うと、

昨今、密かに水引ブームといわれるようになりました。

そのブームの火付け役が、編集者のHさん!!!!

「この世に無い、可愛くて生活に寄り添った水引本を出したい!」

熱い情熱のもと一緒に作らせていただいた書籍。

その編集者さんが、どんどん!どんどん!幸せを引き寄せているという現実なのです。

書籍作りに一緒に携わって下さった、デザイナーHさん、お手伝いいただいたD君も

結婚・ご出産・・・と続くのでした。

そんな、編集者さんがこんな嬉しいコメントを下さいました(涙)

私も画面でご一緒できて嬉しいです。(画面の右下にスリーショット)

こんな日が来るなんてねーー!!

以下、編集者さんのコメントです♥

Hさん、ありがとうございます!

♥♥♥♥♥♥♥♥

水引デザイナーの長浦ちえさんが、福岡のローカル番組『福おかぁさん』に出演!

結婚運を上げる縁起物として水引デザインが紹介されています。


・・・そして、まさかの夢の共演!

「この本を絶対に実現させるんだ。それができなかったら編集者失格。

何がなんでも長浦さんの水引デザインを世の中の人に知ってもらいたい。

彼女のデザインは、たくさんの人に笑顔と気づきを与えてくれるはず」

そんな風に信じて、走り回ったのが昨日のことのようです。


当時はまだ、水引が何なのかも知らない人が多かった。

それが今ではテレビでもご縁を結ぶ水引として、話題にのぼるまでになりました。

これもすべては長浦さんの人柄、そして溢れる才能と行動力の賜物だと思います。

今も昔も、私は長浦さんの大ファンなのです。

彼女と仕事をするようになってから、私の仕事への姿勢も変わった気がします。

どんなに大変でも、笑顔に変えられるようになりました。


・・・そして番組内では、陣内さんからまさかのハゲいじり(笑)笑いました~!

そういえば、私が最初に彼を素敵だなと思ったのは「ここに塗るのはダイジ!」と、

笑顔で後頭部に日焼け止めを塗っていた時のこと。飾らない人だなぁと♥

って、最後はノロけですみません。


今週いっぱいは見逃し配信のTverで見られるようなので、ぜひ(日本国内のみ)。



March 27.2017
IMG_0845.jpg
こんなに沢山たーーくさんある手芸本の中でランクインさせて
いただき光栄至極です!!

11年前。
某インテリアショップのオリジナルご祝儀袋をデザインさせて
いただいた時、製造をお願いした水引業者さんからこれまでの
業界ではあり得なかったデザインに驚かれました。
と言いますか、、
どちらかと言うと呆れられていたという方が正しいです(笑)
それまでは、「盛る」デザインが当たり前だった中、私のデザインは
極限まで「引きまくった」デザインだったからです。

7年前。
株式会社マークスさんとご祝儀袋を開発させていただいた時も、
市場には盛るデザインが主流だった中、大胆な紙の取り合わせと
シンプルながら主張が強いデザインを提案しました。
恐らく内部的にも「コレ売れるの?売り場に入るの?」と声は
あったと思います。
挑戦しかない中、担当者と一緒に信じてデザインしました。

4年前。
「類書が無いんです。。。これだけ本がある中。。」と編集者さん。
「類書が無いので企画が通るかわかりませんが、世の中に
無いからこそ作るべきです!!」と彼女の熱意で出版できた
1冊目の水引アレンジBOOK 。
とは言え、いつも周囲には「水引って何?」と訊かれ、
「ええと、結婚式の時にお金包むご祝儀袋ってあるやん?
それに紐みたいなの掛かってるやん?」
と、説明しなければならなかった。

そして、3冊目の水引アレンジBOOKを出版した今。
私が仕事で水引をしていると言うと、
「水引!!今、流行ってますよね!!!」
と言われるまでになりました。
水引の歴史を見ても、流行り!??と私自身はちょっと不思議な
気持ちではあるのですが、認知度が高まっていることは確かに
感じることです。

今の時代にマッチしてきたこともあるだろうし、これだけ興味を
持たれ、実際に水引を始める方が増えてきたことに驚きと
喜びであります。

これまでの道のり。
水引を世の中に出す時にはいつも、熱意の塊のような
女性のご担当者が必ずいらした!!!
ご自身の企画に自信も持ち、そして私のデザインを信じて下さった。
皆、小柄ながらとてもとてもパワーに満ち溢れていました。
私はそのパワーに乗っからせていただいた。

これまで出逢った方々、
今、水引に興味を持って下さっている方々を想うにつけ
このランクインは本当に奇跡のように思えます。

そして、
これからの道のり。

熱意をもって、信じて進んでいこうと思います。


今ある現実。
皆さまのお陰だと心より感謝申し上げます。





March 19.2017
今年で90周年を迎えられる、スーパーマーケット成城石井さんの
記念水引ロゴを制作させていただきました。
IMG_2933.jpg
企画・デザインのご担当者さまと打ち合わせをしながら、
「メロン」というキーワードが。
お聴きすると、1927年、世田谷区成城で果物や缶詰などを
扱う小さな食料品店として創業された成城石井さん。
そのシンボルとして「メロン」がロゴになっているとのことでした。

ならば!

「そのスタートとなるメロンを水引で作りたいですね!」

その歴史を知り、ストーリーを知り、その頃の店員さんや
お客様の気持ちを想像してみる。
その頃のメロンって今よりもずっとずっと憧れの存在だったんだろうなぁ~
なんて。

激動の時代を経験し、お客様とともに日々を積み重ねて
90周年という今に至ることに、
ワクワクしてみたり、じーーーーんとしてみたり。

IMG_9327.jpg

色々なやり取りを重ねて一緒に作らせていただいたということが嬉しく、
90周年という大切な節目に関わらせていただき心から感謝申し上げます。

90周年のロゴは、紙袋やビニールバッグにもなっています。
IMG_3643.jpg
(成城石井1号店にて!)

老若男女問わず、たくさんのお客様へのツールとなったことが本当に嬉しいです。

100周年もお手伝いさせてください!!

今年一年間は、アニバーサリーイヤーで様々なお楽しみがあるようです!
皆さまも成城石井さんに足を運ばれてみて下さいね^^



March 03.2017

3月になりました。

「またね」「はじめまして」「おめでとう」という声が

あちらこちらで聞こえてくる季節、そんな時に必要なものが

「ご祝儀袋」ではないでしょうか。

 

有難いことに、「TIERのご祝儀袋はどこで販売していますか?」

とのお問い合わせを、これまで沢山いただいていました。

しかし何かピタっとこなくて作っていなかったのですが

「これだ!」という素材、職人さんに出逢うことができて、

昨年末にようやく形になりました。

170303_1.jpg

『紙漉き職人・水引職人とつくるご祝儀袋』

目指すところは「上質のマイスタンダード」。

 

20代、30代前半に比べて結婚式への出席は減少しているものの、

やはり時折必要な祝儀袋。

年齢を重ねるにつれて、かわいいものでは釣り合わない、

いわゆる「普通」では物足りない、必要な時に迷いたくない、

ご祝儀袋を使うならばコレだと決めたい。

自分自身がそう思うように、もしかしたら同じように

感じている人は多いのかもしれないということが

「紙漉き職人・水引職人とつくるご祝儀袋」の始まりでした。

 

これまでメーカーへのご祝儀袋デザイン提供の経験なども通し、

実際に市販のものを購入して気になる点もありました。

 

例えば、包み紙を開くと入っているグレーの厚紙。

もしかしたらこの存在にお気付きでない方もいらっしゃるかも

しれませんね。

友人に「あの厚紙は入れたままで良いの!?」と訊かれ愕然。

でも確かに、厚紙を抜くと包み紙の張りが弱くなり頼りなさ気に

なってしまう。コスト面などの問題で各社さまの工夫は分かるけれど、

だけどやっぱり少しがっかり感もある。

「〇〇和紙使用」と謳われている商品を開けてみると、包み紙は立派でも、

大量生産の短冊と中袋用の封筒、ちょっとちぐはぐ!?

ならば!自分で作るのであれば理想に近づけたい!

本物の素材を使いたい!という気持ちでした。

 

 

TIERが考える、スタンダードで毎回使いたいご祝儀袋。

それは、作り手のこだわりが垣間見える、ずっと着ていたい

上質の生地で作られた洋服を選ぶ感覚です。

170303_2.jpg

和紙は楮繊維のみでつくられた手漉き和紙。

このご祝儀用のために厚さを吟味し漉いていただいています。

本来は楮繊維のみの和紙は印刷機を通すことが難しい中、

職人さんの立ち合い調整のもと何とか短冊も形になりました。

もちろん中袋も手漉き和紙での折型のものとなっています。

170303_4.jpg

水引は、宮内庁御用達の水引職人の手によるもの。

宮内庁のみで使用される特別な水引と同じ手法で、

TIER用オリジナルとして何度も試作を重ねていただき

時間をかけて作っていただきました。

ふっくらとした風合いは一味違います。

 

職人の皆さまにはこのご祝儀袋への想いに共感いただき、

和紙も水引も特別にあつらえていただきました。

紙を折る時、水引を結ぶ時、素材から放たれるオーラが本当に凄く、

職人さんが丁寧に大切に仕上げて下さったことを否が応でも感じます。

それらの素材を合わせ、贈る目的に応じた結びにてTIERがひとつひとつ

形にしてお届けします。

 

紙漉き職人、水引職人、水引デザイナー兼職人。

3名の職人が作り出すご祝儀袋。

是非一度お手に取ってみてください。

あなたの「マイスタンダード」となれましたら幸いです。

 

<お取扱い店>

CIBONE

〒107-0062 東京都港区南青山2-27-25 オリックス南青山ビル 2F

2F 2-27-25 MINAMIAOYAMA MINATO-KU TOKYO 107-0062

OPEN  11:00-21:00

TEL    03-3475-8017 



1234567891011