December 20.2014
IMG_0543.jpgIMG_0546.jpg

IMG_0544.jpgIMG_0545.jpg
皆さまのおかげで第2弾が12月15日、発売となりました!
ありがとうございます!

今回もとっても素敵な仕上がりとなっています。
きっと、パラパラと眺めるだけでも楽しんでいただけるのでは!?
と思っています。

「ちょっと大人っぽい雰囲気にしたいよね!」というのが
第2弾に向けてのみんなの共通意見でした。
敏腕編集者の廣瀬さん、作品と漂う空気感までも美しく撮影下さった
フォトグラファーの枦木さん大人×かわいい×親しみやすさの
絶妙なバランスでデザインして下さったアートディレクターの林さん
こだわりぬいた撮影に感謝のフォトグラファーの竹田さん、
かわいい味わいで描いて下さったイラストレーターの後藤さん、
みなさまのおかげで、パワーアップした第2弾となりました。
そして、撮影にご協力下さった皆さま、ありがとうございました!!

ちなみに、1弾も2弾も実は良い意味でスタイリストさんがおりません。
すべてスタッフ一丸となって既成概念にとらわれず、アイディアを
出し合いながらベストを狙っていきました!
だからこそ、新しい水引の世界観に挑戦できたのだと感謝しています。

あと少しでクリスマス、そしてお正月。
大事な人との時間に水引を添えてお過ごしいただけましたら幸いです。


December 01.2014
★MT-cover最終.jpg

新刊発売のお知らせです。
『手軽につくれる水引アレンジBOOK』の発売より約1年。
皆さまのおかげで、この度第2弾『手軽につくれる水引アレンジBOOK2』を
上梓させていただくことになりました。

この1年の間、ワークショップなどで沢山の方々と出会い、水引アレンジを
楽しむ中で皆さんの悩まれるポイントに共通点があることに気づきました。
そんな解決策なども盛り込んだ一冊となっています。

編集者さま、フォトグラファー、デザイナー、イラストレーターさん
その他多くの方々にご協力をいただきました。
そして、ワークショップにご参加いただいた皆さま、関係者の皆さまの
おかげでとても素敵な書籍に仕上がりましたこと、御礼申し上げます。

BOOK2はちょっと大人っぽい雰囲気で、アレンジ作品はもちろん、
アレンジのコーディネート術など満載でまた違った楽しさがありますよ!!
12月15日発売予定です。
お近くの書店さまネットでご予約いただけます!
どうぞよろしくお願いいたします。
----------  
『手軽につくれる水引アレンジBOOK2』
長浦ちえ 著 エクスナレッジ刊
定価1,500円+税 96ページ・付録水引付き
ISBN978-4-7678-1908-2





October 12.2014
IMG_4732.jpgIMG_7726.jpg

大変ご無沙汰しておりました。
あっという間に肌寒く、秋も深まってきましたね。

先日、東京で撮影を行いました。
現場の空気は穏やかながらも、各々の持ち場からのアイディアや
拘りが飛び交い、様々な角度から見てベストを探っていく、
この作業が私は大好きです。

そして、フォトグラファーによって今まで見せなかった表情を
纏った自分の作品がモニタ上にあります。
自分の知らなかった作品と出逢う瞬間です。
ちょっと違うのかもしれませんが、、
女優の原石がプロの手によって輝きを増し、これまでとは
別人のようなオーラを放って行く・・・
嬉しくも、自分の知らない子供の成長を目の当たりにした
そんな親心になったのでした。

撮影でご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

また後日、詳細をお知らせいたします!



July 24.2014
IMG_5260.jpg
光栄なことに、企業さまやブランドのイメージ作りに携わらせていただく機会を
頂戴することも増えてきました。
商品開発もそうなのですが、クライアントさまと対話して咀嚼してご提案して
一緒に作り上げていく、この工程がとても魅力的です。
ブランドそのもののイメージを方向付けるような意味合いもありますので
とても責任と緊張感を伴いますが、大事なブランディングに少しでも
携わらせていただくことは本当に光栄なことだと思っています。
そして作り手にとっては、唯一無二のものを生み出すこと。
大変刺激的であります。

自分がいち消費者としての視点、客観的なその距離感を持って
喜んでいただけるご提案ができるよう、日々インプットを重ねて参りたいと
思います。

「こんなことって、、、出来ますか?」
是非、ぶつけて頂けましたら幸いです!



July 17.2014
IMG_6132.jpg
こんにちは。大変ご無沙汰しておりました。

先日、Facebookにてお知らせさせていただきましたがマークスさんより
新商品『MEN'S金封』がこの7月より発売されました。
今回、開発にあたって目からうろこの数々。。その開発秘話!?を
少しばかり書かせていただきます。

マークスの担当者さまSさん。お世話になり早数年。
いつも「面白いことをしよう!」と攻めの姿勢が素敵な女性です。
デザインを始めるにあたって、まずブレストを重ねお互いのイメージを
共有していくのですが、Sさんとだけは毎回商品を擬人化して芸能人に例えます。
「〇〇っぽい感じに仕上げよう」とその方の持つイメージが大きな柱となり
最終まで詰めていきます。

そして、今回。
かわいい金封はたくさんあるけど、男性が持ってかっこいい金封ってないよね」
という視点からスタートしたこのMEN'S金封企画。
まずは、メンズのことを知らねば、とSさんが社内の様々な年代・部署の殿方に
ヒアリングを行ってくれました。(その後、この動きが"男子詣"と命名されます)
それまで、自分たちでも「この中だときっとこれがイチバン人気だろう・・」
なんて予測を立てていたのです。だよねだよねーー!!なんて。。。

しかし・・・
「長浦さん、すごいよ!!」とSさんのニヤり顔。
蓋を開けてびっくり!!ぞえんぞえん違うやーーん!!という結果でした。
理解しようと結果を仕分けて頭を整理しようとも、なかなかうまくセオリーに
できない。。

「ああ、私たちメンズの心が全然分かってないね。」

何とか整理して、さあ、今回誰を目指そう!?(以下、勝手な想像です)
オールマイティに役を演じる、癖がありそうで実はクセがないのでは?『堺雅人』
男の色気漂う、ちょっとおしゃれ路線でアバンギャルドな『(昔の)ジュリー』
アバンギャルドすぎないのがポイント。

そこから試作を重ねます。
MASATOとJULIEの中でもいくつかの路線で作ります。
そしてSさんの男子詣。
結果、自分たちの予測と違う。。。前回のココは良いけど、今回のココは
ダメなの!?ちょっと繊細すぎるよー(もはや恋愛の域です)

例えば、JULIEの衣装やメイクのイメージを、男子詣の結果分析をした頭で
ちょっと一捻りな色の組み合わせや配分にしてみたところ、それはやり過ぎだ。
との結果。だけど、女子はこちらが好きだと言う。まったく男女逆のときも。

「やっぱり分かってないね、メンズの心。。。」
「男と女って本当に違う生き物なんだね。。」

生物の不思議論にもなったのですが、なるほどココで分かったことがありました。

「MASATOもJULIEも、女子目線で素敵だという男性だからだ!
だからきっと、福山雅治を目指しても同じ結果なんだよ!」

世間で素敵だと言われている男性芸能人と女性芸能人。
女性の方は、意外とそのまま素直に商品イメージにしてもブレなかった。
だけど男性は、世間で素敵だと人気のある人と、男性が好きだと思う人は違う。
この事実はかなり目からうろこで、はがれた落ちた目での試作はようやく
男子詣の結果と予測が合致してきたのでした。

最終デザインが決定し、今回の結論。
「男性が使いたいと思うMEN'S金封を私たち女性が作る時は
長渕剛や大友康平みたいな男性がアニキ―っと憧れるようなメンズを
目指すのが正解だったのかもね」

商品名『AWAJI』 またの名を「MASATO」
商品名『MATSU』 またの名を「JULIE」
これからの売り場での動向が本当の結論となります。

もしお店でこの二人を見かけたら、
堺雅人と(昔の)ジュリーを思い出していただければ幸いです。
そしてお使いいただけたら尚幸いでございます。





<NEXT345678910111213