October 14.2015
IMG_3110.jpg
水引バッハ。
『マタイ受難曲』コンサートにて最終作となりました。

今回、「水引でバッハを作ってほしい」というお題をいただき
3部作ともディレクションまでさせていただきました。

最終作となる『マタイ受難曲』は、
やはりバッハが遺した最高傑作と云われるもの。
ドラマチックに、そして受難の先に光があるという雰囲気に、
且つ舞台演劇のように仕上げたいとイメージしたものです。

毎回毎回、私のイメージを具現化して下さった
フォトグラファーの高倉勝士さん、
本当にありがとうございました。
壁紙屋さんのスタッフの方にも色々とご相談にのっていただき
感謝です。

そして、このような機会を下さった皆さまにお礼申し上げます。

こちらのコンサートは2016年春に開催です。
指揮によるもの。
どうぞお聴き逃しなく!

*****
バッハ・コレギウム・ジャパン
『マタイ受難曲 J.S.Bach BWV244』
指揮 鈴木雅明(バッハ・コレギウム・ジャパン音楽監督)

日時:2016年3月27日(日)
    開場 15:30 / 開演 16:00

場所:アクロス福岡シンフォニーホール

入場料:S席/9000円 A席/7000円 B席/5000円 C席/2000円

チケット取扱い:福岡女学院
         アクロス福岡チケットセンター(℡092-725-9112)
         チケットぴあ Pコード:277-954
         ローソンチケット Lコード:83637

問合せ:学校法人福岡女学院 総務課(℡092-581-1492)

IMG_3131.jpg

August 29.2015
IMG_2806.jpg

おかげさまで5刷となりました。
こんなにも多くの方々にお手に取って頂けるなんて

2年前、関係者は誰が思ったことでしょう。

ひとえに皆さまのお陰だと感謝申し上げます。


この書籍の企画を頂いた頃は巷には、

自分たちが目指そうとするテイストでの類書がなく、

関わる全ての人たちにとってリスクのかたまりでした。

だからこそ作る価値があるんだ!と一丸になれた、

私にとっては大事な大事な一冊となりました。

あの時代に、「水引本を作りましょう!」と

企画して下さった編集者の廣瀬さんの熱意、

それに半ば巻き込まれ!?結果、出版社、書店、

フォトグラファー、デザイナー、友人知人などなど

関わる方々にご協力いただけたこと、

終始不思議なハッピーオーラに包まれていました。

そしてたくさんの方々が手に取って下さいました。

本当に本当に有難いことです。


と同時に編集者の先見の明って凄いな!と

改めて驚きと、そのお陰で今があるのだなと感謝の気持ちです。


まだまだこれから。
もっと皆さまに喜んでいただけるよう邁進して行きます!


これからもよろしくお願いいたします。

※一部欠品が続いているようですが、もう少しお待ち下さいませ。



July 31.2015
IMG_2533.jpg
人を想う。
人への想いを綴った一青窈さんのカバーアルバム『ヒトトウタ』。

CDジャケットの水引制作でお手伝いをさせていただきました。

ジャケットデザインに水引を用いるアイディアは、
一青窈さんご本人によるもの。
アートディレクションは 古平正義さん、
撮影は 薄井一議さん。
制作コメントもご覧ください。

相手のことを想い祈り願い結んできた水引。
このような形で携わらせていただけたことに心から感謝の気持ちで
いっぱいです。

お世話になった皆さま、ありがとうございました。


家族、友人、偶然の出会いも全部大事なもの。
すべての人との出会いで今の自分がいる。

「あなたと、あなたの好きな人が、百年続きますように」
(ハナミズキより)


IMG_2535.jpg
撮影風景。
ライブ感ある現場、とても刺激的でした!


Instagram更新中


July 24.2015
IMG_2484.jpg
もうすぐ梅雨明けの福岡です。
しかし、気分はとっくに夏。
夏到来とともに年末モードに切り替えです。
「夏が来たら、年末来るな」これが水引の仕事を始めてから
十数年変わらない感覚です。

ここ最近、年末に向けての打ち合わせ等々も増えてきて
書籍についても訊ねられることが多いのですが、何故出版に至った経緯や
類書が全くなかった当時の状況など、秘話(!?)もイロイロと。

そして先日、『手軽につくれる水引BOOK2』の表紙についても、
「スタイリストさんがタグを書かれたのですか?」と訊ねられました。

そう、書籍に関しては編集者さんの心意気で、
「長浦さんの世界観を壊したくないので、スタイリストさんを入れずに
作りましょう。お任せします!」
と仰って下さったのです。これが本当に有難いことでした。
実際は、フォトグラファー、エディトリアルデザイナーさんの美意識の
高さに助けられ、イメージするものを模索しながら撮影は進みました。

ただ、撮影日の直前までずっと悩んでいたのが、表紙のビジュアルでした。
「あ!!!見本帳みたいにしよう!!」と思いついたのが撮影日の2日前。
自分でタグに文字を書いても納得いかず・・・・。
知人に電話して、フランス語教師の生粋のパリジャン、ジャンさんに
無理言って書いて頂いたのが、この表紙のタグなのです。

「走り書きのメモみたいに、やっと読めるくらいのクセのある文字で」

わがままなお願いにも笑顔で書いて下さった、ジャン先生のおかげで
素敵な表紙になったこと、本当にありがとうございました!!


秋から少しずつワークショップも始まります。
詳細決まりましたらお知らせさせてくださいね。


Instagram更新中



July 08.2015
IMG_2369.jpg

『CRAZY KIOSK』
[7月10日-7月24日]@ (PLACE ) by method

衝動買いのお店「CRAZY KIOSK」。

methodのバイヤーであるサトウユカ氏が、過去、衝動買いした品々を、

駅にあるキオスクという、今すぐ買える店舗の形式で販売します。

その場で、そのモノを、ただただ欲しい、という衝動のまま、今すぐに買って帰る。
買うことを躊躇ったり、悩んだり、家に帰って頭を冷やして考えたりなんてしない。
それこそが衝動買い。

今すぐ欲しいものを、自分自身の為に、もしくは誰かの為に、

今すぐ持ち帰りましょう。
ビバ・衝動買い。


CRAZY KIOSK
会期:7月10日(金)17:00 OPEN〜7月24日(金)
時間:12:00〜19:00 ※10日、24日は21:00まで営業
オープニングパーティー:7月10日(金)19:00〜21:00 

★当日はmethod代表/山田遊さんによるケータリングがあります

会場:(PLACE) by method
住所:東京都渋谷区東1-3-1 カミニート#14
電話番号:03-6427-9296
URL:http://wearemethod.com/

**********

そんな素敵なKIOSKにTIERの商品も参加させていただきます。

もう、ここに至るまでの流れがご縁の数珠つなぎ以外の何ものでもなく

人との出会いは仕組まれたかのように繋がってゆき、こんなことがあるから

この先もちろん不安もつきものですが、やはり楽しみの方が勝ってしまいます。

今回、光栄にも出品のお話しをいただき、どうせならまるっきり新しいモノを

作りたい!と納期に冷や冷やしながら数年前から温めていたものをようやく

始動するにあたって信頼できる方と偶然にも知り合うことができました。

相談し始めたら中高時代の先輩まで繋がった―――という驚きの展開と

なったのでした。

いつもいつも助けていただいてばかりで、私も役に立てる人間に近づきたい。

色んなアレコレも帳消しにできるくらいHAPPYな出会いに恵まれてることに

感謝して、恩返しができるよう日々精進いたします。


Instagramも日々ゆるり更新中。
お気軽にご覧くださいね。



<NEXT1234567891011